Talking talking Copyright(c)Chiari Allrights reserved.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


Rooster - Rooster

若いのに渋い。なんだか70年代のロックを感じます。しかも演奏上手い…!
どの曲も躍動感にあふれていて、音が非常に力強いです。今のご時世のUKロックシーンはフランツ系のキャッチーな音を作るバンドが結構出てきているのに対して、こういうバンドの数は少ないんじゃないんでしょうか。自分はまず一曲目を聞いたとき一番に思い浮かんだのは「反復横跳び」でした。恐らくその躍動感ゆえでしょう。ギターのリフが良いです。
今年のサマソニにも出演してましたが、一日目だったことに多少驚きました(分類的には二日目な気がして)。位置づけ的に難しかったのかしら。
お気に入りは02.Come Get Some、04.Staring at the Sun、06.You're So Right for Me。
11月にライブ行きます…!
スポンサーサイト
 


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。